【蓄膿症.com】〜急性副鼻腔炎〜

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
tikunousyou21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。








sponsored link



ここでは急性副鼻腔炎(蓄膿症)について、詳しく説明していきます。

蓄膿症は正式な病名は「副鼻腔炎」と言います。副鼻腔は蝶形骨洞・前頭洞・篩骨洞・上顎洞という4種類があり、それらで細菌やウイルスに感染し膿が溜まった状態を副鼻腔炎と呼びます。
急性の副鼻腔炎は風邪が長引いて起こるものがほとんどで、風邪の症状とよく似ていますが、やはり鼻に膿が溜まっているので鼻をかむと黄色い膿が出てきます。37度程度の微熱であっても、気だるさ・倦怠感や頭痛が酷くなる、鼻周辺が腫れるなどの症状を伴っているのであれば、急性蓄膿症を疑った方が良いかもしれません。
また、鼻が詰まって呼吸がしにくくなり睡眠不足に陥ることもあり、さらに放っておくと慢性的に繰り返してしまう恐れがあるので、やはり早めに医師に診断・治療してもらう方が良いでしょう。


⇒ 慢性副鼻腔炎

⇒ 原因について


sponsored link


copyright©2012  【蓄膿症.com】〜蓄膿症の症状と頭痛について〜  All Rights Reserved