【蓄膿症.com】〜治療について〜

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
tikunousyou21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。








sponsored link



ここでは蓄膿症の治療について、説明していきます。

蓄膿症は副鼻腔に膿が溜まって炎症が起こってしまっている状態です。
まずはこの原因を取り除くことが先決です。鼻に溜まっている膿や鼻汁を吸引して、鼻内から排除しましょう。そうして鼻を洗浄し綺麗な状態に戻してから、鼻水を抑える薬、鼻水を出しやすい薬、抗生剤などを服用して再発防止に努めます。
ここで注意が必要なのが、一度症状が軽くなったと思って、しばらく放っておくとすぐに再発することです。さらに悪化して再発する恐れがありますので、完治するまではしっかりと治療に努めるようにして下さい。

治療の流れとしては、保存療法と手術療法とに二分されます。保存療法にはさらに薬物療法と局所療法とがあります。薬物療法はマクロライド系の抗生剤を内服するのが一般的です。局所療法は鼻腔内に直接薬を噴射して塗布する方法が取られます。
あまりにも症状が酷い場合や保存療法でも治らない場合に、手術をして鼻の詰まりを取り除く場合もあります。現在ではほぼ選択されることもなくなりましたが、手術療法は最終手段として残っています。


⇒ 薬と漢方

⇒ 効果的なつぼ


sponsored link


copyright©2012  【蓄膿症.com】〜蓄膿症の症状と頭痛について〜  All Rights Reserved