【蓄膿症.com】〜蓄膿症とは〜

sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
tikunousyou21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。








sponsored link



ここでは蓄膿症とは一体どんな病気なのか、詳しく説明していきます。

「蓄膿症」という言葉、聞いたこともあるだろうし、どのような病気なのかもご存じだと思います。ここでは「蓄膿症」についてご説明させていただきます。 
「蓄膿症」は、子供から大人まで多く見られる鼻の病気のひとつであり、日本人の約80%は蓄膿症の予備軍であると言われております。私達はいつ蓄膿症になってもおかしくない状態にいるのです。

蓄膿症の正式な病名は「副鼻腔炎(ふくびくうえん)」といいます。副鼻腔炎には「急性副鼻腔炎」・「慢性副鼻腔炎」の2種類に分けられます。
どのような病気かというと、鼻の穴の奥に空間があり、その空間を鼻腔といいます。周囲は顔の骨に囲まれていて、蝶形骨洞・前頭洞・篩骨洞・上顎洞という4種類の副鼻腔と呼ばれる空洞があり、小さな穴で鼻腔とつながっているのです。これら鼻の粘膜が細菌・ウイルスなどに感染し炎症を起こすと、副鼻腔に膿が溜まるのがこの病気の特徴です。

蓄膿症は、自覚がありません。私も「蓄膿症」のひとりですが、初めは「ただの鼻風邪」だと思って過ごしていました。しかしながら約10日過ぎてもよくならず、頭痛・鼻の周りが痛い・熱が体にこもっている等の症状が続き、耳鼻咽喉科を受診して「蓄膿症」だと分かりました。先生からは、手術も進められました。この蓄膿症は、症状が酷いと手術もあり得る病気だということです。また慢性的な蓄膿症になると、鼻ポリープができる症状があらわれます。


⇒ 慢性副鼻腔炎

⇒ 急性副鼻腔炎


sponsored link


copyright©2012  【蓄膿症.com】〜蓄膿症の症状と頭痛について〜  All Rights Reserved